【神奈川県・受験生向け】勉強だけじゃない。志望校合格のために数学は何をすればいいのか。今からできること。

高校入試

今回は神奈川県公立高校志望の受験生に向けて、入試の数学で戦えるようになるために何をするべきなのか、今できることをお話していきます。

「数学は何を勉強すればいいの?」「どうしたら数学の点数が上がるの?」という方は絶対に見てください。

数学が苦手・自信がない人は、どうしたらできるようになるのか。
数学が得意・自信がある人は、さらに得点力を上げるためにどうしたらいいのか。
細かく分けてお話をしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

学校の定期試験と入試の違い

定期試験と入試の違いを4つの項目に分けてまとめました。

項目定期試験入学試験
出題範囲限られた範囲(約2~3カ月分)中学3年間分
解答形式選択式、穴埋式、記述式…選択式、マーク式
試験時間40~50分50分
記憶法短期記憶長期記憶

数学が苦手・自信がない人(目安:4割~6割)

■目標点数と目標時間

大問番号内容目標点数目標時間
計算15点5分
小問集合20点10分
小問集合7~10点7分
関数4~9点8分
確率0点3分
空間図形4点5分
合計50~58点38分
※令和5年度の入試問題を参考に目標を立てています

ケアレスミスをの中にも様々な要因があります。自分がどのような要因でケアレスミスをしてしまっているのかをしっかりと見ていきましょう。※ケアレスミスは計算ミスだけではありません。
ケアレスミス一つで合否を分ける可能性があります。その気持ちを念頭に置きながら下記リンクをご覧ください。

ケアレスミスを減らす方法(詳細)

中1・中2の範囲で約4割出題されます。中2までの内容を網羅しておかないと中3の内容を解くことは難しいですから6割には到達できません。そのためにも中2までの範囲を網羅する必要があります。
中3になると内容も難しくなったり、直前期には過去問を解いたりと復習をする時間が中1・中2と比べて少なくなります。そのため、穴ができないよう常に復習を怠らないようにしましょう。

また、正答率の高い大問1~大問3(ア-ⅰ)までの2年度分(計24問)の中で13問が中1・中2の範囲になっています。このことからも中1・中2範囲を疎かにしてしまうと大変な目に合うということがわかります。

下の表に中1・中2の範囲をまとめました。
自分が苦手だと感じる単元から勉強していきましょう。

■中1・中2で習う内容

単元中1中2
計算正負の数・文字式文字式
方程式一次方程式連立方程式
関数比例・反比例一次関数
図形平面図形・空間図形平行線と平面図形の性質・合同
データの活用資料の散らばりと代表値確率

●結論:

■とるべき問題
・正答率60%以上の問題
・自分の得意分野
■そうでない問題
・正答率40%未満の問題
・自分の不得意分野

6割を目標にしているのですべて解かなければならないわけではありません。逆に言えば、4割は解けなくてもよいのです。

つまり、タイトルの通り「とるべき問題とそうでない問題の仕分け」が大切になります。
下の表に2023年度と2022年度入試の正答率をまとめました。
まずはこちらをご覧ください。

正答率60%以上の問題を青、40%未満の問題を赤で塗ってあります。
ご覧の通り、2023年度、2022年度ともに大問1~大問3の前半までが正答率60%を超えています。
いかに前半部分で得点稼げるかがポイントになってきます。


また、大問4(ア)の正答率もかなり高いです。例年では大問4(ア)では二次関数の比例定数を求める問題になっています。ここの問題は必ず押さえておきたい内容になっていますので、できるまで繰り返し行いましょう。

数学が得意・自信がある人(目安:7割~9割)

■目標点数と目標時間

大問番号内容目標点数目標時間
計算15点3分
小問集合20点5分
小問集合14点8分
関数9点8分
確率10点8分
空間図形15点8分
合計83点40分
※令和5年度の入試問題を参考に目標を立てています

入試で8割をとるのは相当大変です。そのためにも、入試問題の傾向を知る必要があります。傾向を知った上で対策をし入試本番に臨むようにしましょう。

■神奈川県公立高校入試の傾向と対策

今までの内容からも分かるように、定義・定理・性質・公式などをきちんと理解し問題に活用できるようにならなけらば高得点を得ることはできません。

特に中3生になると、中1で習った内容が抜けてしまうことが多々見受けられます。
みなさんは、球の体積を求める公式は覚えていますか?相対度数の説明はできますか?きちんと説明できた人は少ないと思います。はじめにも書いたように、入試は中学3年間分から出題されます。中1の内容からすべて網羅していきましょう。

※量が膨大になってしまいますので、定義・定理・性質・公式などをどう問題に活用するのかは個別にご相談ください。

さいごに

受験生の皆さんへ。時間は平等に与えられています。何をすればいいのか困っているうちにもライバルは着々と力を身につけていっています。ライバルに負けないように、この記事を読んでくれたことから一つでも参考になったことがあれば、どんどんと行動にうつしていってください。
本当はもっと生徒の特徴によって細かく対策をしていくのですが、すべて書いてしまうと膨大な量になってしまいますので割愛させていただきました。

さいごにホタル塾の紹介をさせてください。
ホタル塾は相模原市中央区にある学習塾です。今もお話ししたように、生徒の特徴や目標によってやるべきものが変わってきます。ホタル塾では、生徒にそって一問単位で一緒に作戦を練って入試本番を迎えています。「自分の場合は何をすればいいんだろう」「数学がめちゃくちゃ苦手で5割もとれる自信がない…」など、どんなことでも構いません。ぜひ、お気軽にご相談ください。
以下の公式ライン、またはお電話からお問い合わせができます。

お問い合わせ

    内容

    資料請求体験・見学希望お問い合わせその他

    お名前

    お名前(フリガナ)

    保護者氏名

    メールアドレス

    郵便番号

    都道府県

    ご住所

    お通いの学校

    お子様の学年

    お電話番号

    メッセージ本文

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました