【英語編】2024年度入試問題分析セミナー振り返りレポート

query_builder 2024/06/26
ブログ画像

先日お伝えした入試問題分析セミナーの振り返りレポートです。今回の記事は、英語編です。


2024年度神奈川県入試の分析セミナーに参加しました。

大学入試が大きく変化しているのはご存じでしょうか。以前センター試験と呼ばれていたものが大学入学共通テストというものに変わり、その共通テストも2025年の春にリニューアルします。


以前のセンター試験だと、発音・アクセントの問題があり、文法問題があり…というように、厳しい制限時間内でも知識問題が含まれていました。


しかし、現在の共通テストはひたすら読解問題が並びます。大学受験の指導を専門としている予備校講師の先生方でも、時間はカツカツだという投稿をされていました。


すべて英文を読むというよりは、設問を先に見て本文中の情報を誤りなく読み取る力が必要な試験です。


努力というよりは、情報処理能力の高さを図るような問題が並んでいます。神奈川県入試はこれにかなり近いのです。


※そうは言うものの、神奈川県入試は語彙・文法問題も100点満点中39点分残されているので、全国的にも珍しい高校入試問題だといえます。


このあたりは昨年の入試分析の記事や、2024年度春の入試問題を解いてみての感想でも書いているので、あわせてご覧ください。



今回のセミナーで指摘されていたのは、言い換えです。


2024年度入試の問7(イ)を例に見ていきます。海岸のごみ拾いイベントのポスターを見ながら設問に答えるというものでした。


見た目は、共通テストさながらです。


長文内では、「あなたはごみ袋や手袋のような何かを持ってくる必要はありません。~あなたに必要なものはすべてそこで見つかります」と書かれています。


それが、ポスターでは、「清掃に使うものは用意してあります。」と言い換えられています。


下線を引いたところが空欄になっているという問題なのですが、これが英語になると混乱してしまう人が多いのです。


この問題に限らず、本文と設問で表現は違うが言っていることは同じというパターン問題が出題されます。


同じワードばかりを探して問題を解くと、ミスリードに引っかかるというタイプですね。


まずは、全県模試などの模擬試験や入試問題を解き、選択肢のパターンを体で覚えていくことが必要です。


一つ一つの実戦問題を解きっぱなしにしたり、雑に扱わないようにしましょう。


最後に、こちらも複雑だった問7の(ア)の日本語訳を作成したので、画像をはっておきます。


2月の入試直後に作成し、小学生にも解いてもらったのですが、間違える子は間違えます。ぜひ、チャレンジしてみてください。


----------------------------------------------------------------------

小学生は1学期も終盤に差し掛かります。夏休みは1学期の学習内容の総復習です。


中学生は定期試験が終わり、8月の全県模試まで予習と復習を繰り返しています。

----------------------------------------------------------------------

ホタル塾オープンチャットはこちらから


プチ情報やブログ・Youtubeの更新通知をお送りするLINEオープンチャットです。LINEをお使いの方であれば、匿名でご参加可能です。お気軽にご参加ください。


個別のご質問はこちらの公式LINEからご連絡ください。


公式LINEはこちら



ホタル塾

住所:神奈川県相模原市中央区

   横山3丁目31−4 202


----------------------------------------------------------------------