2024年度神奈川県入試の分析セミナーに参加しました。

query_builder 2024/06/21
ブログ画像

こんにちは。相模原市の中学校では定期テストが終わったところも出てきています。ちょうど直前、試験中という人もいますね。


今回のブログは、高校入試についてです。教材会社さんが主催の高校入試分析セミナーに参加してきたので、その内容をダイジェストでお伝えしていこうと思います。


教材会社さんのセミナーなので、全県模試の伸学工房さんのセミナーとは違って、倍率や学校ごとのボーダーラインという話ではなく、純粋に入試問題だけを細かく見て、神奈川県入試の過去問や他県の入試、さらには大学入試との比較を基に対策を考えていくというものです。



新入試制度になって、今回の入試がちょうど12回目でした。神奈川県全体の傾向として、以下のようなものがあげられます。


・全国屈指の文字量、情報量

・見た目はオーソドックスな中に難問


特に二つ目は、問題を解いていてもすごくよく感じるところです。


場面設定や、テーマに突飛なものは少ないのですが、学習内容の原理原則が分かっていないと解けない、非パターン問題が多いです。


神奈川県の公立高校入試問題は採点ミスの防止のために、マークシート式の問題がほとんどです。


その中で、しっかりと考えさせる問題を作っているため、複雑な問題も多いです。


理科社会は特に、学習するときには原理原則を理解するようにしていくことが大切です。


常に授業でも言っていることですが、改めて塾生にも伝えていきます。


ここから、次回以降の記事で各教科の内容を紹介していきますのでチェックしてみてください


ブログやYoutubeの更新通知は下のオープンチャットに随時お知らせします。匿名で参加できますので、ぜひご利用ください。

----------------------------------------------------------------------

小学生は1学期も終盤に差し掛かります。夏休みは1学期の学習内容の総復習です。


中学生は定期試験が終わり、8月の全県模試まで予習と復習を繰り返しています。

----------------------------------------------------------------------

ホタル塾オープンチャットはこちらから


プチ情報やブログ・Youtubeの更新通知をお送りするLINEオープンチャットです。LINEをお使いの方であれば、匿名でご参加可能です。お気軽にご参加ください。


個別のご質問はこちらの公式LINEからご連絡ください。


公式LINEはこちら



ホタル塾

住所:神奈川県相模原市中央区

   横山3丁目31−4 202


----------------------------------------------------------------------