【理科編】2024年度入試問題分析セミナー振り返りレポート

query_builder 2024/06/26
ブログ画像

先日お伝えした入試問題分析セミナーの振り返りレポートです。今回は、理科です。


2024年度神奈川県入試の分析セミナーに参加しました。


「読解力」と「想像力」の問い


2024神奈川問4(ア)

簡単な原理の理解+問題文を正確に読み(読解力)、図と結び付ける力(図形的想像力)を備えておく必要がある問題でした。

この問題の理解ではなく、似た問題が出題されたときに落ち着いて、正確に読んで図に置き換えていく力を身に着けていきましょう。

選択肢 1 2 3 4
選択率 15.0 17.5 40.0 27.5
正答率(県)

39.8



2024神奈川問4(ア)


「原理理解」と「読解力」の問い



2024神奈川問8(イ)

今回の問題はグラフからの読み取りのため、具体的な数値が与えられていませんでした。湿度の求め方はもちろん、飽和水蒸気量とは何かと原理理解が必要な問題でした。

また、今回は湿度を求める問題ではなく、水蒸気量を比較する問題でした。実際に具体的な数値を導く必要はなく、気温と湿度と水蒸気量の関係性をきちんと理解しておく必要がある一問でした。


選択肢 1 2 3 4 5 6
選択率 31.6 52.6 0.0 7.9 2.6 5.3
正答率(県) 32.6




理科は原理原則をきちんと理解すること、そして読解力を必要とする問題が多くなってきています。

原理原則を理解した上で、問題文をよく読み図に起こす力を身に着けていきましょう。

----------------------------------------------------------------------

小学生は1学期も終盤に差し掛かります。夏休みは1学期の学習内容の総復習です。


中学生は定期試験が終わり、8月の全県模試まで予習と復習を繰り返しています。

----------------------------------------------------------------------

ホタル塾オープンチャットはこちらから


プチ情報やブログ・Youtubeの更新通知をお送りするLINEオープンチャットです。LINEをお使いの方であれば、匿名でご参加可能です。お気軽にご参加ください。


個別のご質問はこちらの公式LINEからご連絡ください。


公式LINEはこちら



ホタル塾

住所:神奈川県相模原市中央区

   横山3丁目31−4 202


----------------------------------------------------------------------