【国語編】2024年度入試問題分析セミナー振り返りレポート

query_builder 2024/06/26
ブログ画像

先日お伝えした入試問題分析セミナーの振り返りレポートです。前回の英語編に続いて、今回の記事は、国語編です。


2024年度神奈川県入試の分析セミナーに参加しました。


国語は、長年続いていた問五の形式が変わったことが話題となりました。


AさんからDさんまでが会話をしている場面で、意見をまとめるという形での記述問題が出題されていましたが、2024年度の入試からは、複数テキストを用いた出題に変わりました。



ただ、形が変わった初年度だったこともあり、戸惑いはあったもののそこまで解きづらい問題ではありませんでした。


難化した原因は論説文と古文でした。


今回のセミナーで取り上げられたのは、問四の古文です。


とにかく難しかった。。。


古文は文中で登場人物名が変わるということをわかっていても、混乱する原因だったと思います。


また、選択肢の作り方も紛らわしかったです。


(イ)の問題では、古文の本文中に「零涙に及びて」と書かれているところに傍線が引かれていました。


涙の文字から、「泣いた」ということは理解ができても、その涙が悲しみの涙なのか、感動の涙なのかを前後の流れから理解できないと間違えてしまうという問題でした。


英語の記事でも書きましたが、言い換えの能力が問われています。


一つのことを複数の言い方で表現をする、また、それを読み取るという訓練が大切になってきます。


ホタル塾でも、ここを意識した授業づくりをしていきます。




平均点で見ると、国語がものすごく難しくなったというわけではないのですが、古文のここまでの難問が出題されたのは初めてなので注意が必要です。


小説文は、2019年の原田マハ「たゆたえども沈まず」が題材になったものが難しかったです。


また論説文は、2022年の問題や2024年の問題が取り組みづらい問題でした。


そこに古文の難問が登場しました。


これらが重なると、平均点がさらに下がると考えられます。


しかも、神奈川県入試は平均点が下がったからと言って、次の年に簡単にするかというとそうでもありません。


2014年と2015年には理科が続けて平均点30点台、2018年と2019年には社会が続けて平均点40点台でした。


さらに難しい問題が来ても驚かないように、準備していきましょう!

----------------------------------------------------------------------

小学生は1学期も終盤に差し掛かります。夏休みは1学期の学習内容の総復習です。


中学生は定期試験が終わり、8月の全県模試まで予習と復習を繰り返しています。

----------------------------------------------------------------------

ホタル塾オープンチャットはこちらから


プチ情報やブログ・Youtubeの更新通知をお送りするLINEオープンチャットです。LINEをお使いの方であれば、匿名でご参加可能です。お気軽にご参加ください。


個別のご質問はこちらの公式LINEからご連絡ください。


公式LINEはこちら



ホタル塾

住所:神奈川県相模原市中央区

   横山3丁目31−4 202


----------------------------------------------------------------------