【暗記方法】勉強するときにも活用できる。暗記効率が爆上げする方法6選

query_builder 2023/05/21
ブログ画像

インプットとアウトプットの比率

暗記効率が爆上げする方法1つ目は、
インプットとアウトプットを3:7の比率で勉強をすること

ある実験でインプットとアウトプットの黄金比は3:7だと言われており、最も暗記効率が良いという結果が出ています。

〈インプット〉聴く・読む
・暗記(英単語、漢字、公式など)
・学校の授業、講義を受ける・聴く
・教科書や本を読む
〈アウトプット〉書く・話す
・確認テストを行う
・覚えた、聴いた内容を他者へ伝える
・覚えた、聴いた内容をノートなどにまとめる
・グループで話し合う

具体的には英単語を暗記するときに、1周目は音読でインプットをして2周目と3周目を赤シートや手などで答えを隠しながら覚えたことをアウトプット。これを1セットとして1日3セット行い、さいごにテストを行う。
というようなやり方でやるとインプットとアウトプットの比率が3:7になります。
漢字や公式の暗記などにも活用ができるのでぜひ試してください。

ラーニングピラミッド

※出典:The Learning Pyramid. アメリカ National Training Laboratories

ラーニングピラミッドからわかるように、学習方法によって定着率が変わってきます。
特に土台となっている、「グループ討論」「自ら体験する」「他の人に教える」はアクティブラーニング(能動的学習)と呼ばれ、定着率が高いことがわかります。
そのため、パッシブラーニング(受動的学習)のみではなくアクティブラーニングを行うことで、より定着させることができます。
そのときの黄金比がインプットとアウトプットを3:7ということなのです。

覚えたことや聴いたことを友人や家族に教えたり説明したりすることで、より定着しますのでぜひやってみてください。

反復頻度を上げる

暗記効率が爆上げする方法2つ目は、
反復頻度を上げること

勉強を行う上で大切になってくるのが反復学習です。


ここで、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが考案した忘却曲線というものがありますので紹介します。
エビングハウスの忘却曲線とは簡単に言うと、「人が一度覚えたことを再度覚えなおすためにかかる時間の節制率」を表したものです。
「人が覚えた知識が、時間によってどの程度忘却されてしまうか」ではないので注意してください。

忘却曲線からもわかるように時間が経つにつれて再度覚えなおすためにかかる時間の節制率が下がっていることがわかります。

(例)試験範囲の英単語を覚えるために、はじめは10分かかった。
20分後にもう一度覚えなおそうとすると4分12秒かかった(5分48秒節約できた=節制率58%)
1時間後にもう一度覚えなおそうとすると5分36秒かかった(4分24秒節約できた=節制率44%)
1日後 にもう一度覚えなおそうとすると6分36秒かかった(3分24秒節約できた=節制率34%)
6日後 にもう一度覚えなおそうとすると7分30秒かかった(2分30秒節約できた=節制率25%)
1カ月後にもう一度覚えなおそうとすると7分54秒かかった(2分06秒節約できた=節制率21%)

このことからも、細かな復習が大切だということがわかりますね。

学校で習った内容を当日か翌日中には復習をしましょう。

インプットとアウトプットの比率

暗記効率が爆上げする方法1つ目は、
インプットとアウトプットを3:7の比率で勉強をすること

ある実験でインプットとアウトプットの黄金比は3:7だと言われており、最も暗記効率が良いという結果が出ています。

〈インプット〉聴く・読む
・暗記(英単語、漢字、公式など)
・学校の授業、講義を受ける・聴く
・教科書や本を読む
〈アウトプット〉書く・話す
・確認テストを行う
・覚えた、聴いた内容を他者へ伝える
・覚えた、聴いた内容をノートなどにまとめる
・グループで話し合う

具体的には英単語を暗記するときに、1周目は音読でインプットをして2周目と3周目を赤シートや手などで答えを隠しながら覚えたことをアウトプット。これを1セットとして1日3セット行い、さいごにテストを行う。
というようなやり方でやるとインプットとアウトプットの比率が3:7になります。
漢字や公式の暗記などにも活用ができるのでぜひ試してください。

ラーニングピラミッド

※出典:The Learning Pyramid. アメリカ National Training Laboratories

ラーニングピラミッドからわかるように、学習方法によって定着率が変わってきます。
特に土台となっている、「グループ討論」「自ら体験する」「他の人に教える」はアクティブラーニング(能動的学習)と呼ばれ、定着率が高いことがわかります。
そのため、パッシブラーニング(受動的学習)のみではなくアクティブラーニングを行うことで、より定着させることができます。
そのときの黄金比がインプットとアウトプットを3:7ということなのです。

覚えたことや聴いたことを友人や家族に教えたり説明したりすることで、より定着しますのでぜひやってみてください。

反復頻度を上げる

暗記効率が爆上げする方法2つ目は、
反復頻度を上げること

勉強を行う上で大切になってくるのが反復学習です。


ここで、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが考案した忘却曲線というものがありますので紹介します。
エビングハウスの忘却曲線とは簡単に言うと、「人が一度覚えたことを再度覚えなおすためにかかる時間の節制率」を表したものです。
「人が覚えた知識が、時間によってどの程度忘却されてしまうか」ではないので注意してください。

忘却曲線からもわかるように時間が経つにつれて再度覚えなおすためにかかる時間の節制率が下がっていることがわかります。

(例)試験範囲の英単語を覚えるために、はじめは10分かかった。
20分後にもう一度覚えなおそうとすると4分12秒かかった(5分48秒節約できた=節制率58%)
1時間後にもう一度覚えなおそうとすると5分36秒かかった(4分24秒節約できた=節制率44%)
1日後 にもう一度覚えなおそうとすると6分36秒かかった(3分24秒節約できた=節制率34%)
6日後 にもう一度覚えなおそうとすると7分30秒かかった(2分30秒節約できた=節制率25%)
1カ月後にもう一度覚えなおそうとすると7分54秒かかった(2分06秒節約できた=節制率21%)

このことからも、細かな復習が大切だということがわかりますね。

学校で習った内容を当日か翌日中には復習をしましょう。

40秒勉強法

暗記効率が爆上げする方法3つ目は、
40秒勉強法

40秒勉強法とは、「何か新しいことを覚えた”直後”に40秒間だけ復習をする」という方法です。

サセックス大学の実験でわかったことなのですが、40秒間復習をするだけで長期記憶に残すために使われる場所が活性化するということがわかっています。

人間の記憶には短期記憶長期記憶の2種類あり、暗記力を上げるには長期記憶に残すことがより大切になってきます。その長期記憶をより高める方法が40秒勉強法なのです。

〈方法〉
覚えた内容や学習した内容を何も見ずに以下の方法を使って40秒間だけ行う。
・頭の中で細かく表現する
・人に説明をする
・自分でノートにまとめる

6分仮眠法

暗記効率が爆上げする方法4つ目は、
6分仮眠法

方法は、勉強後に6分間目を瞑って、何も考えずに休める時間を作ります。
睡眠には記憶を整理する機能がありますので、この方法によって、勉強したことが脳内で整理されます。

では、なぜ6分間なのかというと、6分以上寝ると起きづらくなってしまい、作業を再開させづらくなってしまうからです。6分という時間が絶妙な時間なのです。

青ペン勉強法

暗記効率が爆上げする方法5つ目は、
青ペン勉強法

青ペン勉強法は「青ペン書きなぐり勉強法」と呼ばれることもあります。
ここでは、青ペン勉強法とします。

その方法とは、覚えたい内容や学校の先生が話したこと黒板に書いたこと全てをノート一面に青のボールペンでひたすらに書いていくというやり方です。

なんで青色なの?

ある実験で赤と青と透明の3色の色眼鏡をかけながら計算問題を解かせたところ、問題を解いている時間の集中力の値が最も高くなるのが、青い色眼鏡をかけている時だということがわかりました。
また、ストレスホルモンであるコルチゾールの値が低くなることがわかったのです。

そのため、青色には精神をリラックスさせる鎮静効果があり、焦りや苛立ちが鎮まり集中力を高めてくれる効果があります。

夜暗記、十分な睡眠、朝復習

暗記効率が爆上げする方法6つ目は、
夜に暗記をし十分な睡眠をとり朝に復習を行うこと

フランスにあるリヨン大学が実証済みなのですが、
夜に暗記、朝に復習を行うことで暗記効率が2倍になることがわかっています。

〈方法〉
1:英単語や漢字、理系科目の公式や社会など暗記したいものを夜就寝前に暗記
2:睡眠時間を十分に確保する(最低6時間睡眠を心掛ける)
3:前日の夜に暗記したものを起床後に復習する

起床直後は「朝のゴールデンタイム」とも呼ばれ、学習内容がより定着します。起床直後に日光を浴びると体のリズムが整いより効果が発揮されますのでぜひやってみましょう。


40秒勉強法

暗記効率が爆上げする方法3つ目は、
40秒勉強法

40秒勉強法とは、「何か新しいことを覚えた”直後”に40秒間だけ復習をする」という方法です。

サセックス大学の実験でわかったことなのですが、40秒間復習をするだけで長期記憶に残すために使われる場所が活性化するということがわかっています。

人間の記憶には短期記憶長期記憶の2種類あり、暗記力を上げるには長期記憶に残すことがより大切になってきます。その長期記憶をより高める方法が40秒勉強法なのです。

〈方法〉
覚えた内容や学習した内容を何も見ずに以下の方法を使って40秒間だけ行う。
・頭の中で細かく表現する
・人に説明をする
・自分でノートにまとめる

6分仮眠法

暗記効率が爆上げする方法4つ目は、
6分仮眠法

方法は、勉強後に6分間目を瞑って、何も考えずに休める時間を作ります。
睡眠には記憶を整理する機能がありますので、この方法によって、勉強したことが脳内で整理されます。

では、なぜ6分間なのかというと、6分以上寝ると起きづらくなってしまい、作業を再開させづらくなってしまうからです。6分という時間が絶妙な時間なのです。

青ペン勉強法

暗記効率が爆上げする方法5つ目は、
青ペン勉強法

青ペン勉強法は「青ペン書きなぐり勉強法」と呼ばれることもあります。
ここでは、青ペン勉強法とします。

その方法とは、覚えたい内容や学校の先生が話したこと黒板に書いたこと全てをノート一面に青のボールペンでひたすらに書いていくというやり方です。

なんで青色なの?

ある実験で赤と青と透明の3色の色眼鏡をかけながら計算問題を解かせたところ、問題を解いている時間の集中力の値が最も高くなるのが、青い色眼鏡をかけている時だということがわかりました。
また、ストレスホルモンであるコルチゾールの値が低くなることがわかったのです。

そのため、青色には精神をリラックスさせる鎮静効果があり、焦りや苛立ちが鎮まり集中力を高めてくれる効果があります。

夜暗記、十分な睡眠、朝復習

暗記効率が爆上げする方法6つ目は、
夜に暗記をし十分な睡眠をとり朝に復習を行うこと

フランスにあるリヨン大学が実証済みなのですが、
夜に暗記、朝に復習を行うことで暗記効率が2倍になることがわかっています。

〈方法〉
1:英単語や漢字、理系科目の公式や社会など暗記したいものを夜就寝前に暗記
2:睡眠時間を十分に確保する(最低6時間睡眠を心掛ける)
3:前日の夜に暗記したものを起床後に復習する

起床直後は「朝のゴールデンタイム」とも呼ばれ、学習内容がより定着します。起床直後に日光を浴びると体のリズムが整いより効果が発揮されますのでぜひやってみましょう。


----------------------------------------------------------------------

小学生は1学期も終盤に差し掛かります。夏休みは1学期の学習内容の総復習です。


中学生は定期試験が終わり、8月の全県模試まで予習と復習を繰り返しています。

----------------------------------------------------------------------

ホタル塾オープンチャットはこちらから


プチ情報やブログ・Youtubeの更新通知をお送りするLINEオープンチャットです。LINEをお使いの方であれば、匿名でご参加可能です。お気軽にご参加ください。


個別のご質問はこちらの公式LINEからご連絡ください。


公式LINEはこちら



ホタル塾

住所:神奈川県相模原市中央区

   横山3丁目31−4 202


----------------------------------------------------------------------