【保護者面談期間】面談は子どもの見えない部分を共有する時間。

query_builder 2024/07/11
ブログ画像

ホタル塾では夏期講習前のご面談を実施しております。小学生の授業前の時間帯に、各ご家庭からお時間を頂戴して、お子さまの様子を共有しています。


「見る」

こちらとしては、大事な大事なお子さまの、大事な大事な小中学生の時期にかかわらせていただいているので、とにかく一人ひとりをしっかりと「見る」ことを大切にしています。


勉強に向かう姿勢を見ているとある程度の性格はわかります。


頑固だったり、あきらめが早かったり。

褒められると伸びるタイプなのか、競争が好きなのか、理由をしっかり説明してほしいタイプなのか、結論を早く聞いた方が理解しやすいのか。



168分の9

ただ、どれだけその子のことを見ているつもりでも、見えない部分の方が多いのです。


週の通塾回数が一番多い中学生でも週3回しか顔を合わせることができません。

3時間×3日なので、一週間に168時間あるうちの9時間しか会えないということになります。(勉強についてうるさく言う存在はこのくらいの密度がちょうどよいのかもしれません。)




面談=その子の情報共有

そのため、保護者の方とのご面談はとにかくその子についての情報共有の場だととらえています。


もちろん、受験生になれば、具体的な受験校の相談や、そのために必要な成績のお話もしますが、一番大事な部分はその子が見えていない場でどういう振る舞いをしているのかを知ることだと思っています。



逆に保護者の方からすれば、塾での様子は一切わからないので、勉強への取り組みをありのままにお伝えします。そうすると、「家でも全くその通りです。」というお声をいただくことも多いです。



それでも、ときに意外な一面を聞くことができることもあります。


保護者の方との面談は、知らず知らずのうちにこちらが作り上げていた「この子はこういう子だよね」という思い込みを修正する場でもあります。



「どんな時に取り乱しますか?」

「小さいころにはまっていた遊びは何ですか?」


少しでも、生徒のことを理解するために、こんなことを聞くこともあります。


すべては、その子をしっかりと「見る」ためです。とにかくその子を見ようという姿勢がホタル塾の強みだろうと最近ふと思いました。


至らない部分も多々あるとは思いますが、保護者の方と連携を取りながら、なりたい自分に向かってもがく小中学生をサポートしていこうと思います。


(今日は中3の面談がありました。明日もZoomを使ったオンラインでの面談が一件、対面での面談が一件あるので、これから準備します。最後まで読んでいただきありがとうございました。)



※公立高校志望の中3生の保護者の方に、ご面談に先立ってご覧いただいた動画です。私立入試について概要を説明しています。





----------------------------------------------------------------------

小学生は1学期も終盤に差し掛かります。夏休みは1学期の学習内容の総復習です。


中学生は定期試験が終わり、8月の全県模試まで予習と復習を繰り返しています。

----------------------------------------------------------------------

ホタル塾オープンチャットはこちらから


プチ情報やブログ・Youtubeの更新通知をお送りするLINEオープンチャットです。LINEをお使いの方であれば、匿名でご参加可能です。お気軽にご参加ください。


個別のご質問はこちらの公式LINEからご連絡ください。


公式LINEはこちら



ホタル塾

住所:神奈川県相模原市中央区

   横山3丁目31−4 202


----------------------------------------------------------------------